スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラフターAF2が揃うまで。

どうも、あらむらむです。


8月30日にクラフターのレベルあげが全部おわり、その後は竜騎士を34まで上げて、今更ながら捨て身を取ったりなど、
戦闘職に比重を置きつつ、シルバーウィークにクラフターの禁断に着手し、終えた感じです。

とりあえず、ギャザクラで赤貨は集めているものの、その先の仕組みはきちんと調べてなかったので
ちょっと勉強してきました。



まず、赤貨幣は主に素材に交換するor180装備に交換するという使い道があります。

180装備は素材を交換してつくる170装備と比べて、染色ができないという点があり、
170装備に禁断を施す事で、170装備は180装備より性能がよくなります。

じゃ、180装備いらないのでは?と思いますが、170裝備が180裝備を超えるためには
クラフター系のマテリジャを刺さないと、追い越すことができないため、現状だとものすごく敷居が高いです。

クラフター系のマテリジャの入手方法は、中央ザナにいるミュタミクスにマテリア合成をしてもらうしか無いという状況です。
170裝備をマテリア化すれば出るかもしれませんが、それをやる人いないでしょう。

おそらくですが、エアシップボイジャーによって、大量のマテリガを手にして合成 何かしらのマテリジャが手に入ったら、
またマテリジャ+マテリガ4で合成するとでる可能性がある、というのがメジャーな入手方法なのかな?


んで、赤貨幣の交換レート

1週間に最大9枚の赤手形を交換できます。

毎週、450フルにため、9枚交換する前提で

180裝備は
主道具は3週間          赤手形26枚
胴防具が2周間          赤手形18枚
後は1週間で習得可能です。 赤手形8or7枚

になっています。


170裝備はどうなっているのか。

鍛冶の主道具のレシピを見てみましょう。
ffxiv_20150926_22071249.jpg

アダマンインゴット3個
アストラルパーチ材1つ が目の付け所になります。


アダマンインゴットのレシピを見てみましょう。

ffxiv_20150926_22052451.jpg

金雲母 (伝承録)
アダマンナゲット
ブルークォーツ (伝承録)
高純度コークス5個 (赤手形交換素材)

となっています。


素材の交換レートを見てみましょう。


ffxiv_20150926_22055052_1.jpg

赤手形が1つ必要となっています。
ちなみに、10個必要なのは、ギャザラーの赤貨幣を護符に変えて、手に入れる素材になっています。


つまり、鍛冶の主道具は

アダマンインゴット3つ
アストラルパーチ(コレも赤手形交換素材が必要)

となっているので、最低で赤手形4つ必要ということになります。

これを元におおまかに纏めると。

主道具 赤手形4つ
副道具 赤手形3つ

頭防具 赤手形3つ
胴防具 赤手形4つ
手防具 赤手形3つ
帯防具 赤手形2つ
脚防具 赤手形4つ
足防具 赤手形3つ

首飾り 赤手形2つ
耳飾り 赤手形2つ
腕輪  赤手形2つ
指    赤手形1つ


となっています。大体、週に2か3箇所、裝備を作れることになり、
1ジョブのAFを1式揃えるには、赤手形26枚=3週間は最低必要になっています。

更新ペースが早い、170裝備でもすべてのジョブを揃えるには半年はかかるということです。(;´∀`)

まぁこれはすべて地力でやった場合においての話です。
マケとかで買えば、話は変わってきます。


んで、自分は主道具・副道具以外の150裝備に禁断は終ったのですが、
主道具・副道具に禁断をそれぞれ行うと、えらい時間と金がかかるので、
180の鍛冶ハンマー交換か鍛冶の主道具・副道具だけ禁断し、
それぞれのジョブの主道具・副道具を作って、更新をし、150の主道具・副道具禁断を避けようかなと考えています。



そんな感じで、ちょっとまとめてみました。
3.1がリリースされた時点ではまだ、クラフターギャザラー界には大きな変動は無いとは思いますが、
3.2、戦闘ジョブで言うと新たなトークンが出てくる頃に、
例えばですが、赤貨幣の週制限がなくなる暖和とか、なにかしら変動はあるんじゃないかなと思っています。


追記は、自分のお話を少々。

続きを読む

スポンサーサイト

噂の居酒屋とBARに行って来たよ。

マンドラゴラサーバーにある、居酒屋あね と BAR Lambta に行ってきました。


といっても、Aramramを移動させたわけではなく、サブキャラを作成し、ウルダハからグリダニアまで走破してきました。
(´'-'` っ)=≡=-・∴


先に 居酒屋あね のご様子から。

日時:毎週 金曜日 22時~24時(延長の場合あり)
場所:マンドラゴラ ラベンダーベッド6区拡張街51(最寄りエーテライト:若草商店街[拡張街])

に、開かれる居酒屋さんです。

ffxiv_20150904_22530344.jpg

22時30分くらいに着きましたが、店内はいっぱいでした。


基本的に、女将さん1人で切り盛りしているようです。


ffxiv_20150904_22575945.jpg


エモートによるしぐさと、
ロールプレイによる演じにより、場の空気が綺麗に出来上がっていて、
空間がまさに居酒屋として仕上がっていました。


ffxiv_20150904_23054246.jpg


変身マクロを使った女将のさんのちょっとした芸もありました。


ffxiv_20150904_23233047.jpg


タタルさんも、ここに勉強しにきたのか、様子を見に来たのかわからないですが、
エモートで可愛く反応してくれました。ヽ(`'-'´)ノ


ffxiv_20150904_23275748.jpg

感じたのはやはり、来た人がちゃんと、その場に会ったお客を演じていること。 
そこがすごく印象的でした。

そのこともあり、
場の空気は居酒屋のガヤっとした感じと、お酒を飲んで気分よく楽しんでいる感じが出ていました。


FF14では異色な空気かもしれませんが、普段感じ得ない空気や
鯖違いで人と中々合う機会のない人との交流の場として利用してみてはいかがでしょうか?


続いて、BARの方へ。


~営業場所~
「マンドラゴラサーバーゴブレットビュート1区8番地」

~営業時間~
「営業時間土曜の24時~未定」

サイト
http://bar-lambda.jimdo.com/

ffxiv_20150906_00085736.jpg


いろんな人が来てました。



ffxiv_20150906_00200643.jpg

アラガンの机をステージ代わりにしたショーなどが展開されます。


ffxiv_20150906_00194537.jpg



私が訪れた時は一号店の方は使われなかったですが、



ffxiv_20150906_00233938.jpg



内装はこんな感じになってます、雰囲気がすばらしい。


ffxiv_20150906_00234839.jpg


何よりも、店を開いてる、FCの人がショーもそうですが、ウェイターが演技してくれたり、
シャンパンをかけてくれたり、店員のロールを綺麗に演じているんですよね。

この点がすごく、こだわっていて、楽しい演出を出してくれてます。


ここは、いろんな人が来ているようですので、敢えて、飛びこんでみると、
楽しい出会いやら時間がまってると思います。



プロフィール

Mikadioll

Author:Mikadioll
FF14用ブログにするつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。